外壁塗装で家を守る|太陽や雨から守りたいよう

赤の塗装

工事の豆知識

エクステリアリフォームの豆知識

塗装をする人

家を購入して10数年が経過すると、あちらこちらで故障や劣化が進んできます。特にエクステリア(家の外観)に関しては雨や風、雪、そして直射日光などが当たるためとても厳しい環境なのです。 特に家のエクステリアとしての外壁や屋根が劣化した場合は、そのまま放っておくと家の内部に雨風が入り柱までも浸食してしまう危険や湿気でカビが生えることがあり、できるだけ早めに対処する必要があります。 対処方法としては家のリフォームをすることです。 エクステリアのリフォームは、外壁の場合は外壁塗装をすることで見た目だけでなく、雨風から家を守ると言う外壁本来の役割が復活するのです。 外壁塗装には塗料の種類がいくつかありますが、安いものであれば8年ぐらい、高いものだと20年近く耐用年数があります。

工夫することを知っておくと得をする

エクステリアのリフォームをする時期は何かとお金がかかります。例えば新築の家を購入して15年目にリフォームをする場合、その時期は子供がいれば高校受験や大学受験、専門学校への進学と重なり教育費にお金がかかります。また、新築時に借りた住宅ローンは20年以上で組む人が多く、15年目にはまだ住宅ローンを払い続けている家庭が多いのです。それゆえ、いかにお金をかけずにリフォームするかが一つの課題となるわけです。 これに関しては、ある工夫をすることでお金をかけずに済むのです。それはエクステリアのリフォームとして屋根と外壁工事を同時にやってしまうことです。なぜならどちらも工事をする際に足場を組まなくてはいけないからです。足場を組むには10万円ほどのお金がかかりますが、一時にやってしまえばその10万円を浮かすことができるということです。