外壁塗装で家を守る|太陽や雨から守りたいよう

赤の塗装

必要性とは

外壁を塗装する意味と取り組み方

4色の立方体

外壁塗装は住んでいる家そのものを太陽光による紫外線から保護したり、天候悪化による風雨や雪などによる腐食などの劣化を防ぐために行います。家を長持ちさせ住み心地を向上させる効果が見込めることで需要は非常に高いです。 外壁塗装を施す目安は家に使われている素材によっても変わってきますが、5年を超えた後から長くても12年が経過した場合には外壁塗装を検討したほうがましいといえます。また、外壁塗装には機能性だけではなくデザイン性の向上につなげ、見た目でも楽しませることができる面もあります。 現在の外壁塗装のトレンドとしては機能性とデザイン性と両方がしっかり噛み合った塗装作りが主流となっており、また新素材も開発されており導入することで技術面においては格段に進歩しているといえます。

外壁塗装に関連した業種や資格について

外壁塗装関係を取り扱う業種としては、まず実務についてはリフォーム専門に扱う業者や塗装関係専門の業者が主体となり行っています。また、家を建てた時の建築業者がそのまま外壁塗装もアフターサポートの一環として行う場合も多いです。 外壁塗装を行うべきかどうかという判断を行う業種に関しては外壁専門の診断士が存在しています。外壁診断士と呼ばれる業種は認定資格にもなっており、主に一級または二級建築士やインテリアコーデネーターなどの資格を持っている人が仕事の幅を広げる目的で取得しています。経験については5年以上の実務経験を持っている人などが対象となっています。 また、外壁に関してアドバイスする役割を持つ外壁アドバイザーという業種もあり、こちらも資格を取得している人が外壁に関してアドバイスできます。こちらはリフォーム業界などの実務経験2年を経過している人が資格受験の対象となります。